にじ色こども食堂&北海道地震チャリティーイベント

「寄付するね」

急遽、作成した寄付かごに子ども達は参加費を

入れていきました。

 

9月11日(火)、<にじ色こども食堂>が北海道地震後に

開催されました。

この日のメニューは余震も続いていて、食材調達にも不安が

あったため簡単に食べれるものにしました。

安全のため、食後は明るいうちに家に帰れるように

事務所の前で炊き出し方式をとりました。

 

この時、私たちの住む月寒地区はライフラインも

戻り、通常に戻りつつありましたが、市内の一部や震源地近くでは

住む場所を失った人たちもいました。

誰もがSNS(インターネット無料交流会員サイト)で

流れてくる情報に愕然としたことでしょう。

 

私たちの活動はこども食堂開設当初から多くの農家さんや

養鶏農家さんの協力があり、成り立っていました。

 

地震により甚大な被害を負った方々に何かしたいと考え、

この日のこども食堂の参加費をすべて農家さんへの

寄付に充てることに決めました。

 

受付のかごに添えられた<被災地チャリティー>の文字。

 

中学生以上の子はこの日の参加費を<寄付かご>に

入れてくれました。

そして、ある子はスタッフと一緒に近くのスーパーで

チャリティーのチラシを配ってくれました。

子ども達が大人と一緒になって

 

一つの目的に向かうこと

人の為に何かしたいと思うこと

 

その姿をみて、とても頼もしく、嬉しくなりました。

 

助け合う心の大切さ

 

このイベントはこども食堂開催の前日に思い付いたものでしたが

とても大きな意味があったと思います。

 

この日集まった寄付の金額と寄付先は間もなく配信される

メルマガにてご報告させていただきます。

 

公に配信されない<にじプレ情報>もありますので

是非ご登録をされてくださいね。

https://nijiiro-place.com/mailmagazines/

 

ボランティアスタッフ2名募集♬

企画~楽しい企画や視野を広げる学びの企画の提案・準備・実行

広報~にじプレの活動をネット配信や紙媒体で広げる

チラシ作りやInstagram・FB・Twitter・LINE等を

使いこなせる方、歓迎♪

にじプレでは子ども達や親たちが集えるイベント企画を

立てています。

一人でも多くの方の心の居場所となるような活動を

していきたいと思います。

☆彡主に企画・広報リーダー太田と動きます。

☆彡月1回のミーティング(オンラインミーティングもあり)

☆彡お茶をしながらの軽い面談をさせていただきます。

 

 

 

 

 

メールマガジン

こちらから